子供の歯科治療|福岡の歯医者 「浄水通り こが歯科」

浄水通り こが歯科

子供の歯科治療

子供の歯科治療

子供の歯を守る子供の歯科治療

画像

子供の乳歯や、生え替わったばかりの永久歯は、大人の歯よりも虫歯になりやすいものです。親御さんが子供の様子に気づくころには、虫歯はかなり進行していることも珍しくありません。親御さんが毎日しっかりチェックし、定期的に歯科医院でケアすることが大切です。

福岡の歯医者「浄水通り こが歯科」では、歯が生えたばかりの赤ちゃんから永久歯に生え替わりはじめた子供までを対象に虫歯の治療や予防を行う子供の歯科治療に対応しています。

子供の虫歯予防

子供の歯は大人の歯よりも弱く、虫歯の進行が早いため日ごろから注意してケアすることが大切です。こちらでは、子供の歯を虫歯から守るためのポイントをご紹介します。

食事やおやつは時間を決める

食べ物を食べている間、お口の中は酸性になり、虫歯が繁殖しやすい環境となります。虫歯を防ぐためには、酸性の状態をできるだけ短くすることが大切です。時間を決めずに食事やおやつを与えてダラダラ食べをしていると、お口の中が常に酸性になって虫歯になりやすくなってしまいます。

歯によいものを食べさせる

虫歯菌が糖分を分解することで出す酸によって歯が溶ける病気が「虫歯」です。糖分は多くのお菓子に含まれているため、甘いものを食べすぎてしまうと虫歯になるリスクも増してしまいます。そこでおすすめするのが、糖ではなく「キシリトール」という甘味料を使用したお菓子です。キシリトールは虫歯菌が分解できないため、虫歯になるリスクを抑えることができます。

食べたあとはブラッシングを

画像

食後のお口に食べかすが残っていると、食べかすに含まれる糖分を使用して虫歯菌が繁殖してしまいます。虫歯菌の繁殖を防ぐには、食後できるだけ早くブラッシングを行う習慣をつけることが大切です。小さな子供は自分では十分なブラッシングができないことも多いため、お父さん・お母さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。

歯医者さんを好きにさせるためにママさんの心がけ

来院前のポイント
  • 「歯医者さんは怖いところ」というイメージを植え付けない
  • 機嫌が悪い日、体調の悪い日は通院を避ける
  • 歯医者さんに行くときは前もって説明し、本人が納得したうえで行くこと
院内でのポイント
  • 「痛くない? 大丈夫?」など、「痛い」という言葉をかけない
  • 自分自身もできるだけリラックスした状態でいること
治療後のポイント
  • たとえ泣いてしまって治療ができなくても、優しく励ましてあげること
  • 治療ができたときには思い切りほめてあげること

妊娠中に歯医者に行くタイミング

妊娠中はつわりなどの影響でブラッシングが十分にできず、吐いてしまうことでお口が酸性になってしまいがちです。そのため、虫歯になってしまう妊婦さんも少なくありません。お口の中に不安がある場合は、以下のタイミングでご来院ください。

妊娠初期(1~4ヶ月) 妊娠初期は切迫流産を起こしやすい時期です。よほどのことがない限りは安静にしているほうがいいでしょう。
妊娠中期(5~8ヶ月) 安定期に入るため、歯科治療に適した時期になります。治療が必要な場合も、できるだけこの時期に行いましょう。
妊娠後期(9ヶ月~) いつ陣痛が起きてもおかしくない時期です。急を要する場合でなければ、治療は出産後にしたほうがいいでしょう。

PICK UP「子供はどうして虫歯になるの?」

PICK UP「子供はどうして虫歯になるの?」

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌は存在しません。実は、子供が虫歯になる原因は両親をはじめとした家族からの感染がほとんど。赤ちゃんの口にキスをしたり、家族が使ったスプーンやお箸で赤ちゃんに食事をさせたりすると、そこから虫歯菌が感染してしまいます。

虫歯を防ぐためにも、赤ちゃんの食器類は赤ちゃん専用のものを用意しましょう。また、家族がしっかり虫歯予防をしていることも重要です。

子供の矯正ご案内

プレオルソ

画像

子供の矯正の体系化された治療法で、“大塚式”こども歯ならび矯正法のために開発された矯正歯科治療器具を用いた治療法です。

床矯正

画像

取り外し可能なプレート状の矯正装置を取り付けることで、歯を動かしながら顎を拡大していく矯正治療です。主に子供の治療として行われます。

PICK UP「子供のうちに矯正治療を受けるメリットは?」

PICK UP「子供のうちに矯正治療を受けるメリットは?」

矯正治療は大人になってからでも受けられますが、子供のうちに受けておくことで、多くのメリットが得られます。

  • 食べかすが詰まりにくくなるため、虫歯になりにくくなる
  • 永久歯が正しい位置で並びやすくなり、将来的に抜歯になるリスクが減る
  • 顎の成長を利用できるため負担が少なく、治療費を抑えることができる
  • 幼いうちにコンプレックスになりがちな見た目の問題を解消できる