Q&A|福岡の歯医者 「浄水通り こが歯科」

Q&A

Q&A

歯科治療の「?」はこちらで解決

福岡の歯医者 「浄水通り こが歯科」に寄せられたさまざまなご質問にQ&A形式でお答えしています。こちらで疑問が解消されない場合は、当院までお気軽にお問い合わせください。

自費治療とはどんな治療のことですか?
健康保険が使用できない治療のことで、名称のとおり自費になります。通常の治療は保険が適用されますが、あくまで最低限の素材や治療法しか使えません。それ以上の審美性や安全性を求める場合は自費治療をおすすめします。
インプラントとはどんなものですか?
歯を失った部分の顎の骨にチタンなどで作られた人工の歯根を埋め、その上から人工歯を取り付ける治療法です。しっかり骨に固定された歯が得られ、固い食べ物でも食べられるようになるため人気があります。
医院によって同じ治療法でも費用が変わるのはなぜですか?
保険適用の治療法であればどの医院でも費用は同じですが、自費の場合はその医院の設備や医師の技術力などに応じて費用が変わります。そのため、費用だけを見て歯科医院を決めることはおすすめできません。
毎日ブラッシングをしているのに虫歯になりました。なぜですか?
しっかりブラッシングをしているつもりでも、自分で行うケアではどうしてもわずかな汚れが残ってしまいます。それが積み重なることで虫歯を引き起こしてしまうのです。
親知らずは抜かなければいけませんか?
親知らずはもともとは普通の奥歯でしたが、現代人は古代人と比べて顎が小さくなっているため、正常におさまりきらない状態です。正常に生えて痛みもなければ抜く必要はありませんが、痛む場合や他の歯に悪影響をおよぼす場合は抜く必要があります。
たった1本の虫歯で何度も通院しなければならないのはなぜですか?
ごく初期の虫歯であればすぐに治療は完了しますが、大きな虫歯になってしまうと、虫歯を削るだけでなく患者様に合った詰め物・被せ物が必要になります。詰め物・被せ物の製作には日数がかかりますし、お口全体のバランスを見ながら治療しなければならないため、どうしても複数回の通院が必要になるのです。
フッ素さえ塗っていれば虫歯にはなりませんか?
フッ素には歯質を強化する働きがあり、塗ることで歯は強化されるため、虫歯にはかかりにくくなります。ただし、完全に予防できるわけではありません。あくまで普段のケアの補助だと考えてください。
乳歯はいずれ抜けるのに、なぜ治療が必要なのですか?
乳歯には、いずれ生えてくる永久歯を正しい位置に誘導するという役割があります。どうせ抜けるからと言ってケアを怠り、虫歯で乳歯を失ってしまうようなことがあると、永久歯が正常に生えてこない可能性があるのです。また、乳歯の虫歯が永久歯に感染することもあります。
キシリトールとはどんなものですか?
キシリトールは糖分が含まれていない甘味料です。虫歯菌や歯周病菌は糖分を栄養にして増殖しますが、キシリトールでは増殖できません。また、キシリトールには虫歯ができるのを防ぐ効果もあるため、予防に有効なのです。
神経を抜いた歯でも痛むのはなぜですか?
神経を抜いて消毒する根管治療を行っても、わずかな細菌が歯の中に残っていると、その細菌が増殖して炎症を起こすことがあります。そうした場合、神経を抜いた歯でも痛むことがあります。