インプラント|福岡の歯医者 「浄水通り こが歯科」

浄水通り こが歯科

インプラント

インプラント

失った歯を取り戻す インプラント

「インプラント治療」とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに人工歯を取り付けることで歯の見た目と機能を取り戻す治療法です。歯とは、一本だけで成り立っているものではなく、すべての歯が支え合っています。そのため、一本でも失ってしまうと、口腔内のバランスが崩れてしまうおそれがあります。

福岡の歯医者「浄水通り こが歯科」では、周りの歯に負担をかけることなく、骨としっかりつながりあった歯がよみがえるインプラント治療をご提供しています。

インプラントのメリット

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという特性上、どうしても外科手術が必要になります。そのためなかなか治療に踏み出せない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、インプラントにはそれを補って余りある大きなメリットもあるのです。

見た目が自然

画像

入れ歯や詰め物・被せ物では、どうしても本物の歯と色や質感の差が出てしまい、目立ってしまいます。しかしインプラントは本物の歯の質感に限りなく近いセラミックを使用しているため、非常に自然です。

はずれない

画像

入れ歯は継続して使い続けるとはずれやすくなるという欠点がありますが、インプラントは人工歯根を顎の骨に固定するため、はずれることは一切ありません。固い食べ物でも美味しく食べることができます。

健康な歯を削る必要がない

画像

従来の治療法であるブリッジは、失った歯を補うための固定源にするために健康な歯を削る必要があります。インプラントは対象となる歯を単独で固定することができるため固定源をつくる必要がなく、健康な歯を守ることができます。

インプラントって危険?

インプラント治療は外科手術が伴うため、「危険なのでは」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。実際、インプラント治療には失敗例も存在します。そういった失敗の原因は、医師の技術力とインプラントシステムの質にあります。

当院ではインプラント治療の経験豊富な医師が治療を担当するほか、世界的にも信頼性が高く安全性・有効性が確立されているインプラントシステム「アストラテック」「AQB」を採用しています。

アストラテック

世界的な製薬・医療器具メーカーであるアストラゼネカ社のグループ企業である「アストラテック社」のインプラントシステム。生体親和性に優れた純チタンを採用し、長期にわたって機能性・審美性・信頼性が維持できる安定性の高さに定評があります。

AQB

東京医科歯科大学の研究所から生まれた日本製のインプラントシステムです。顎の骨とインプラントの結合が非常に早まる再結晶化HAを採用し、治療期間の大幅な短縮に成功しています。また、従来のインプラントにはない低価格を実現していることも大きな特徴です。

インプラントの寿命

「インプラント」自体は、非常に丈夫で劣化しにくいため、いつまでも持つのが特徴です。しかし、いつまでも口の中に存在し続けられるわけではありません。正しい使い方ができれば40年以上使い続けられる耐久性を持っているものの、使用者のケアが不十分であれば数年で抜け落ちてしまうこともあります。インプラントを長持ちさせるためには、以下のような条件が不可欠です。

  • 顎の骨の状態を良好に保つ
  • 技術力の高い歯科医師の治療を受ける
  • 食生活・日常生活で適切なアフターケアを行う
  • 感染症や生活習慣病などを防ぐ

いつまでも楽しい会話や美味しい食事を楽しむためにも、インプラントが長持ちするよう適切なケアを続ける必要があります。治療を行って終わりにするのではなく、治療後も継続して歯科医院に通い、健康な状態を維持しましょう。

はじめての方でもよくわかるインプラント治療の専門サイト