義歯・入れ歯|福岡の歯医者 「浄水通り こが歯科」

浄水通り こが歯科

義歯・入れ歯

義歯・入れ歯

失った歯の機能を取り戻せる入れ歯

画像

入れ歯は失った歯の機能を補うことができますが、見た目が不自然になってしまったり、痛むようになってしまったり、しっかり咬めなくなってしまったりと、問題点も少なくはありません。福岡の歯医者「浄水通り こが歯科」では、患者様一人ひとりのお口に合わせた入れ歯をご提案しています。歯を失ってしまった方、入れ歯が合わなくなってしまった方は、お気軽に当院までご相談ください。

入れ歯の種類

保険入れ歯
画像 保険が適用される入れ歯で、床部分にはレジン(歯科用プラスチック)が使用されています。
【メリット】
・保険が適用されるため治療費が安価
・製作が短期間で済む
・破損した場合もすぐに修理ができる
【デメリット】
・耐久性が低い
・食べ物の温度が伝わりにくい
・装着時に違和感が出ることがある
金属床入れ歯
画像 チタンやゴールドなどの金属を使用した入れ歯です。丈夫なため樹脂製の入れ歯よりも薄くつくることができ、温度を伝えやすく、軽く仕上がります。
【メリット】
・薄いため軽く、装着時の違和感が少ない
・食べ物の温度が伝わりやすい
・丈夫で壊れにくい
【デメリット】
・素材によっては金属アレルギーの心配がある
・自費診療になるため高額
ノンクラスプデンチャー
画像 入れ歯を固定するための金属製のバネ(クラスプ)を使用しないタイプの入れ歯です。床部分が薄いため軽量で、見た目も自然に仕上がります。
【メリット】
・バネがないため目立ちにくい
・周りの歯に負担がかからない
・弾力性があり壊れにくい
・金属アレルギーの心配がない
【デメリット】
・食べ物の熱が金属床ほど伝わらない
・自費診療になるため高額

入れ歯治療 保険・自費の違い

自費入れ歯 保険入れ歯
強度 丈夫で壊れにくい やや壊れやすい
熱の伝導 伝わりやすい 伝わりにくい
素材 金属やセラミックなどさまざま プラスチック素材のみ
費用 比較的高い 比較的安い

入れ歯のお手入れ方法

入れ歯を普通の歯磨き粉で磨いている方もいらっしゃいますが、歯磨き粉には研磨剤が含まれているため入れ歯の破損の原因になります。入れ歯を長く使い続けるためにも、以下のようなお手入れを心がけましょう。

画像

専用ブラシで清掃

まずは目に見える汚れやぬめりなどを専用ブラシで丁寧に落としておきます。汚れが残りやすい歯と歯の間やバネの部分は特に丁寧に磨きましょう。

画像

つけおき洗い

入れ歯には目に見えないキズやへこみがあり、そんな部分に細菌が入り込むと汚れやニオイの原因になります。専用の薬剤でつけおき洗いを行いましょう。

画像

歯科医院に清掃を依頼する

入れ歯によっては専用の器材や薬剤で清掃する必要がある場合もあります。また、自宅では除去しきれない汚れがつくこともありますので、そんな場合は歯医者で清掃してもらいましょう。

PICK UP入れ歯を長く快適に使い続けるためのコツ

PICK UP 入れ歯を長く快適に使い続けるためのコツ

入れ歯は、ポイントさえおさえて正しく使用すれば、長く快適に使用し続けることができます。以下のようなポイントに気を付けましょう。

  • 固い食べ物や麺類を食べる際には、上下の歯を揃えて咬む
  • 研磨剤が含まれている通常の歯磨き粉では入れ歯は磨かない
  • 入れ歯を外している間は必ず水につけておく
  • ブラッシングする際には入れ歯だけでなく歯ぐきも磨く