歯周病|福岡の歯医者 「浄水通り こが歯科」

浄水通り こが歯科

歯周病

歯周病

歯周病はご自身では気づきにくい静かな病気です。
歯周病菌により、歯肉や顎の骨が溶けて歯がグラついてきたりします。

周囲のご高齢の方で入れ歯になっている人は多くいらっしゃると思いますが、実はそれは年齢によって引き起こされているではなく、病気で歯が抜けて行くのです。

なるべくご自身の歯を守り続けるため、また、既に歯が抜けて来ている方は残りの歯を守るためにも、歯周病の治療と定期的な通院は欠かせません。

歯科ではインプラントや審美治療、矯正など様々な治療を行いますが、歯周病だと判断すると基本的には、前もって若しくは平行して歯周病治療を行っていきます。
歯周病の治療をしないと、他の治療が出来ないケースがほとんどだからです。

そこからも歯周病が如何にリスクが高いかをお分かりいただけるかと思います。

日本人の80%が歯周病とその予備軍と言われている現代ですので、まずは歯周病の検査からはじめてみませんか?

【検査】歯周ポケットチェック

【検査】歯周ポケットチェック

歯周病であるかどうかは、まず歯周ポケットの深さを専用の器具で1本ずつチェックしていくことから始まります。

歯周ポケット深さの目安 3mm以内 正常です。まだご自身でのブラッシングで汚れを落とせます。定期的に歯科医院でチェックしてもらいましょう。
4mm以上 異常とみなされ、これより深ければ深いほど重度です。ブラッシングでも汚れが落ちにくくなり、歯ぐきに炎症を起こし症状はどんどん悪化していきます。

歯周病は、症状が進むと出血や痛みを伴い始め、口臭も強くなってきます。こまめにブラッシングをしているのに口臭が治らない……という方は、もしかしたら歯周ポケットが深くなっているのかもしれません。そして、さらに、歯周病菌が歯ぐきの下の骨を溶かし、歯がグラグラしたまま放置すると、最悪の場合は歯が抜けてしまうこともありますので、早期発見・早期治療が大切です。

【治療】SRP

SRPとは

「SRP」とはスケーリング・ルートプレーニングの略で、歯周病の改善に有効な治療のひとつです。歯ぐき専用の特殊な器具を使用して、歯垢(プラーク)や歯石を歯周ポケットから除去します。

SRPをすると

SRPでブラッシングでは落とせなかった歯周ポケット内の頑固な汚れ(歯垢や歯石)を除去すると、汚れに棲みついていた歯周病菌も一緒に減らすことができます。歯ぐきの炎症が改善し、歯周ポケットも浅くなります。

【治療】フラップ手術

【治療】フラップ手術

歯周病も、重度まで進んでしまうと外科手術が必要になる場合があります。そのひとつが「フラップ手術」です。歯周病の基本的な治療は、歯周ポケットから歯垢や歯石を徹底的に除去することですが、歯ぐきの奥深くまで入りこんでいると、歯ぐきを切開しなければならないからです。

フラップ手術の流れ
Step1 麻酔をかけ、歯周病の原因になっている歯周ポケットの周りの歯ぐきを切開します。
Step2 歯ぐきを歯槽骨からはがし、歯根を露出させます。奥の方にこびりついた歯垢や歯石を専用の器具を使って除去します。
Step3 歯ぐきを元通りに縫合します。

【治療】再生療法(エムドゲイン)

「再生療法(エムドゲイン)」は、歯周ポケットが6mm以上に達した重度の歯周病に施す治療です。歯周病菌が出す毒素によって歯を支えている歯槽骨が溶けだすと、歯がグラグラし始めます。タンパク質の一種であるエムドゲインを使って歯周組織を再生する処置です。

再生療法(エムドゲイン)の流れ
Step1 麻酔をかけ、歯周病の原因になっている歯周ポケットの周りの歯ぐきを切開します。
Step2 歯ぐきを歯槽骨からはがし、歯根を露出させます。奥の方にこびりついた歯垢や歯石を専用の器具を使って除去します。
Step3 エムドゲイン・ゲルと呼ばれる薬剤を塗布します。
Step4 歯ぐきを元通りに縫合します。歯周組織を再生しながら薬剤が吸収されるので、あとで薬剤を取り除くための手術は必要ありません。

エムドゲインは、現在の科学水準に基づいた環境で管理さられた幼若ブタの歯胚から抽出精製されるものです。すでに世界の約30ヶ国で使用されていますが、感染症の報告はなく、安全性の高い処置と言えます。

歯周病の治療が終わったら・・・審美治療はいかがでしょうか?

33.574757133332085,130.39332689695888

33.5747035,130.3931606