薬院・桜坂・平尾・薬院大通りの福岡の歯医者「浄水通り こが歯科」のドクターズ・スタッフブログのページです。

ドクターズ・スタッフブログColumn

ドクターズ・スタッフブログ

変わりゆく審美治療に対する日本人の意識

時代が変わるにつれ、審美歯科に対する日本人の考え方・意識も変わってきました。
それに伴い歯医者を利用する際も、虫歯治療だけではなく審美治療のために利用する方が増えています。

アメリカ人の意識の高さ

日本人と比べアメリカでは、早くから審美治療に対する意識が強くあります。
歯並びや歯の美しさは、その人の品格を表すものとされ、とても重要視されているのです。

歯並びが悪ければ、自分を磨く努力を怠り自己管理力が低いとさえ評価されるおそれもあります。
歯並びが悪ければ噛み合わせも悪く身体に不具合が出る可能性が高いことから、
歯並びの悪さは健康に悪影響を及ぼすとされ、
幼少の頃から矯正をさせる親が多いです。
また、ビジネスシーンでは第一印象がとても重要とされ、
歯の美しさもその評価に入ります。

日本人の意識の変化
 

日本人には「八重歯はかわいい」という感覚が昔からあったように、
きれいに並んだ歯を重要視するといった意識はありませんでした。
歯の白さについても、日本人のような黄色人種は歯の色も真っ白という方は少なく少し黄色みがかっているため、
歯の白さをそこまで気にする人も多くありませんでした。

人前に出る人の意識に大きな変化

日本人が歯並びや歯の色について意識しだしたのは、
様々なところでグローバル化が進み、
歯並びを意識する外国の方たちと交流する機会が増えたからとも考えられます。
対等な立場で仕事や交渉を行うためには、
外見に気を遣うことも大切です。
矯正やホワイトニングをするには費用もかかるため、
相手のステータスを見る際に確認されるところでもあります。
企業の重役などが気をつけるようになり、
また人前に立つ芸能人が意識を高く持つようになりました。

一般の人の意識にも変化

健康志向の方が増え歯並びと健康の関係が知られるようになったり、
芸能人など人前に立つ方の白くきれいな歯を見る機会が増えたりしたことで、
一般の方の意識にも変化が出てきました。
そうした一般の方の需要に伴い、
歯医者でも審美治療や歯科矯正、ホワイトニングなどが受けられるようになり、
市販の歯磨き粉でも歯を白くすることを目的としたものが販売されるようになりました。


平尾・薬院周辺で審美歯科なら「浄水通り こが歯科」へ。インプラント・ホワイトニングもお任せください。

福岡で歯医者をお探しの方は、福岡市中央区にある「浄水通り こが歯科」をご利用ください。
平尾や薬院からも通いやすい歯医者です。
当院は一般歯科の他、ホワイトニングやインプラント治療、マウスピース型矯正装置(インビザライン)、口腔外科、審美歯科、子供の歯科治療などが揃った歯医者です。
リラックスした状態で治療を受けていただくために、丁寧で細やかな気配りを行うよう心がけ、院内の設備にもこだわっております。
落ち着いた院内で最新の治療により美しい歯を手に入れたい方は、ぜひこが歯科をご利用ください。
詳しくはお問い合わせください。

一覧に戻る