歯の機能回復と見た目の自然さ・美しさの両立のためのセラミック治療のページです。

セラミック治療Ceramic treatment

  • HOME
  • セラミック治療

歯に似た素材で見た目と機能回復の両立をはかりむし歯を治療します

むし歯を悪化させてしまうと、進行を止めるためにむし歯の原因菌に汚染された歯質部分を削り取らなければなりません。そして、むし歯で溶けてなくなった部分と治療で除去した部分を補うために、その大きさに応じて、被せ物(差し歯)や詰め物を使います。

その際にセラミック素材などを使って歯の見た目にも考慮しながら機能回復をはかることをセラミック治療といいます。薬院・桜坂・平尾・薬院大通りの歯医者「浄水通り こが歯科」では、セラミック治療に対応しますので、お気軽にご相談ください。

差し歯(被せ物)について

歯の中の神経にまで達してしまった重度のむし歯の治療では、根管(こんかん)治療を行ってから、支台(コア)を立てて、その上に被せ物を装着します。これを一般的には「差し歯」と呼びます。コアを立ててから被せ物を装着すると、2回の型取りが必要なので、治療工程が増え、治療期間も長くなりますが、残っている歯の根に過度の負担をかけずに歯の寿命を延ばすことにつながるように、コアと被せ物の2つのパーツに分け、素材を変えてつくるのです。

詰め物について

詰め物は比較的小さいむし歯の治療で使用します。かなり小さなむし歯の場合、むし歯部分を削り取ってから、その穴に、まだやわらかいレジン(歯科用プラスチック)を詰めて、特殊な光を照射して硬化させます。これは、お口の中で失った歯質部分を直接補う「直接法」です。

さらに大きなむし歯の場合は、金属やセラミックでつくった詰め物を歯に装着して、削って失った歯の部分を補います。これは、歯型をとって模型の上で詰め物をつくるので、「間接法」と呼ばれる治療法です。

素材

レジン

レジン

健康保険が適用する素材で、歯の色に似ていて、比較的かんたんに治療ができ、比較的安価です。ただし、耐久性が低く、経年によって変色するのがデメリットです。強度が低いので、強い力がかかる奥歯には不向きです。

セラミック

セラミック

天然歯の透明感や質感に似ているので、自然で美しい人工歯をつくれます。耐久性が高く、経年による変色や劣化の心配がありません。また金属不使用なので金属アレルギーの心配もありません。また歯としっかり接着するので、歯と人工歯のすき間ができにくく、治療部位がふたたびむし歯にかかるリスクを低く抑えられます。費用は比較的高額です。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンを混ぜ合わせた素材です。レジンだけで治療するよりも耐久性が高く変色しにくいうえ、セラミックだけの素材よりもやわらかいので適度に摩耗し、噛み合う歯をほとんど傷めません。耐久性が低く、美しさはセラミックには劣りますが、費用はセラミック素材だけにくらべると安価です。

ジルコニア

ジルコニア

金属のような強度があるジルコニアは、白くて天然歯のような透明感や色調が再現できます。セラミックに比べるとやや審美性に劣りますが、ブリッジなどの強度が必要な症例で金属を使いたくない方にオススメの治療です。天然歯よりも硬いので、噛み合う歯を傷つけてしまう可能性があります。

ホワイトニング

セラミック治療を行い、美しい人工歯を手に入れると、まわりの天然歯も白くしたいと感じる方も少なくありません。歯は毎日口にする色の濃い飲食物により、日々着色していきます。この歯を白くするのが歯科ホワイトニングです。薬剤を使って、あなたの歯を白くします。

ホワイトニングについて詳しくはこちらをご覧ください

お子さん連れでも通いやすい歯医者さん

薬院・桜坂・平尾・薬院大通りの歯医者「浄水通り こが歯科」は、小さいお子さん連れでも安心して通えるように、キッズスペース完備で移動ベビーベッドもある妊婦さんにも親御さんにも親切な設計の歯医者です。ご家族で通える環境でありながら、ホテルのサロンのような高級感もあり、リラックスできるうえ、プライバシーに配慮して診療室はすべて個室です。

さまざまな医療技術や設備を積極的に取り入れ、日々、より高品質な診療のご提供を心がけています。お口まわりのお悩みは何でもご相談ください。

かんたんWEB予約
24時間いつでも受付中