薬院・桜坂・平尾・薬院大通りの福岡の歯医者「浄水通り こが歯科」のドクターズ・スタッフブログのページです。

ドクターズ・スタッフブログColumn

ドクターズ・スタッフブログ

子どもの歯と虫歯について

子どもの歯を守るためには子供の歯科治療での定期検診がおすすめです。

子どもの乳歯は、大人の歯である永久歯に比べて、
とても虫歯になりやすいことをご存知でしょうか。
甘いお菓子を控えて毎日ブラッシングをしても、
乳歯は虫歯になることがあります。
子どもの乳歯のメカニズム、虫歯に気をつけたい場所、
大切な乳歯を守るための予防法をご紹介します。

乳歯が虫歯になりやすい理由
 

子どもの歯のお悩みは浄水通りこが歯科にご相談ください。

歯医者に行ったら、子どもの虫歯がかなり進行していたというケースは少なくありません。
実は、乳歯の虫歯の色は黒ではなく、白いことが多いのです。
乳歯はエナメル質が薄くて柔らかいため、早く進行する白い虫歯が多く、虫歯になるとあっという間に神経まで進行します。
また、子どもは痛みの感覚が十分に発達しておらず、
かなり進行しても痛みを感じないことがあり、見過ごされてしまうのです。

「乳歯はいずれ生えかわるから」と、
歯医者に行かずに放置するのは良くありません。
お口の中が虫歯菌でいっぱいの悪い状態だと、
永久歯まで虫歯になりやすいのです。
乳歯が虫歯になったときは、歯医者で早めにきちんと治療を受けましょう。

子どもの虫歯ができやすい場所

お子様が虫歯になったら子供の歯科治療へ。
福岡の「浄水通り こが歯科」は子供の歯科治療治療を行っております。

乳歯で特に虫歯ができやすい場所は「奥歯の歯と歯の間」です。
すき間がほとんどなく、デンタルフロスでなければ汚れを落とすことはできません。
奥歯の溝も深く、食べカスがたまりやすい形をしています。
「上顎の前歯と前歯の間」「歯と歯ぐきの間」
なども虫歯ができやすい場所です。

ブラッシングを習慣づけることは大切ですが、
それだけで虫歯を防ぐことはできません。
虫歯になりやすい奥歯、歯と歯ぐきの間をやさしく磨くことが大切です。
寝る前には仕上げ磨きを行い、歯と歯の間にデンタルフロスを通します。
上手にブラッシングできるようになる10歳くらいまでは、仕上げ磨きをサポートしてあげてください。

子どもの歯と虫歯について

乳歯を虫歯にさせない生活習慣
 

福岡の「浄水通り こが歯科」では子供の歯科治療治療のご相談を承っております。

お口のケアを身につけ、お子様を虫歯から守るためには、3歳までの生活習慣がポイントになります。
生活習慣において気をつけたいのは、おやつと飲み物の摂り方です。
アメ玉やキャンディなどお口の中に長く留まるお菓子や、ジュース・スポーツドリンクなどの甘い飲み物は、
虫歯の発症リスクを高めます。

おやつには糖分の少ないおせんべい、キシリトール配合のガム・ラムネがおすすめです。
飲み物については、日頃からお茶・お水を飲む習慣をつけましょう。

歯医者で定期的にお口のケアを受けることも大切です。
普段のブラッシングで落とし切れない汚れをケアし、
フッ素塗布を行うことで虫歯を予防できます。

福岡市中央区で歯医者をお探しなら、薬院・平尾から通いやすい「浄水通り こが歯科」をご利用ください。
子供の歯科治療(小児歯科)では、キッズスペースや移動ベビーベッドを完備し、小さなお子様が安心して歯医者に通えるよう配慮しています。
審美治療やインプラント、ホワイトニングにも対応しております。
薬院・平尾・桜坂周辺で歯医者をお探しなら、ぜひご利用ください。

一覧に戻る