薬院・桜坂・平尾・薬院大通りの福岡の歯医者「浄水通り こが歯科」のドクターズ・スタッフブログのページです。

ドクターズ・スタッフブログColumn

ドクターズ・スタッフブログ

知っていますか?歯が着色する様々な原因

歯の着色汚れが気になったら歯医者でのホワイトニングがおすすめです。

年齢や遺伝によるもの
 

着色汚れには歯医者でのホワイトニングが有効です。

歯は年齢と共に黄色くなっていくのをご存知でしょうか?
歯の構造は黄色っぽい「象牙質」が主成分となっており、
象牙質は半透明の「エナメル質」で覆われています。
このエナメル質は2~3ミリの厚みがあるのですが、
年齢と共に薄くなっていきます。
そうすると、象牙質の黄色が透けて見えるようになるので、
加齢とともに歯が黄色っぽく見えだします。

また、遺伝的に歯の色が黄色っぽい人もおり、
このタイプは加齢や汚れとは関係ないので、
歯医者さんでのホワイトニングをおすすめします。

知っていますか?歯が着色する様々な原因

嗜好品や食事による汚れ
 

ホワイトニングで歯の着色汚れを解消しませんか。

歯の着色は嗜好品や食べ物によって起こる場合があります。
その代表的なのがタバコやコーヒー、お茶などです。
タバコに含まれるタールや、コーヒー・お茶の色素であるタンニンは歯の表面に固着し、頑固な汚れとして歯の表面にこびりついていきます。

これらの汚れは、毎日丁寧に歯みがきすることで防げるのですが、
仕事で忙しかったり面倒だったりといった理由で、
短時間で済ませてしまう人は多いはずです。
また、タバコやコーヒー以外にも赤ワイン、紅茶、コーラ、カレー、ミートソースなども着色の原因になります。

内部構造に異変が起こる場合
 


ホワイトニングのことなら福岡の「浄水通り こが歯科」へ。

内部構造の異変による変色は、歯の病気や外傷、薬剤の副作用が原因です。
歯の主成分となる象牙質やエナメル質の形成が、
歯の成長過程で不完全だった場合や、外傷や神経がなくなった歯などは変色や斑点模様が出ることがあります。
また、テトラサイクリンという抗生物質を妊娠中や幼少期に母親が服用した場合、
その副作用として、子どもに茶色や灰色の着色、縞模様の着色が出ることがあります。

福岡にお住まいの方で、歯医者をお探しの方や歯の着色が気になる方は、浄水通りこが歯科にお任せください。当院では審美治療治療を行っており、歯の黄ばみ解消やクリーニング、ホワイトニングに対応しています。その他、一般歯科や子供の歯科治療、インプラントや義歯・入れ歯の診療も行っている歯医者ですので、
福岡市中央区やその近隣にお住まいの方も、ぜひお越しください。

一覧に戻る