一般歯科|福岡市中央区浄水通りの歯医者|こが歯科

浄水通り こが歯科

一般歯科

一般歯科

痛む虫歯の治療

画像

虫歯の初期段階には痛みがほとんどありません。しかし、実は虫歯は痛みがなくても少しずつ進行しており、痛みが出るころにはある程度悪化してしまっていることがほとんどなのです。また、虫歯はそのまま放置するとどんどん悪化してしまい、自然に治癒することはありません。福岡の歯医者「浄水通り こが歯科」では、安全性を重視しながら治療時の痛みを抑えた虫歯治療を行っています。歯の痛みに気づいたら、できるだけ早くご相談ください。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
ごく初期の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
エナメル質の虫歯
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
神経まで達した虫歯
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
歯根まで達した虫歯
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

重度の虫歯には

画像

重度の虫歯によって歯の神経(歯髄)が感染してしまった場合に行う専門的な治療法が「根管治療(こんかんちりょう)」です。歯の神経が入っている管(根管)から虫歯によって汚染された組織を除去し、内部を消毒して薬を詰め、被せ物でふさぎます。根管治療を行うことで、本来であれば抜歯しなければならないほど虫歯が進行していても歯を残せる可能性が高まります。

根管は非常に細く複雑な形をしているため、一般的な虫歯治療に使用する器具では十分な治療ができません。当院では、患部を拡大して安全に治療を行うために10倍の拡大率を持つ拡大鏡を使用しています。

歯医者のメインテナンス

虫歯や歯周病は、初期段階では痛みも違和感もほとんどありません。そのため、気づかないうちに進行していることが多々あります。痛みに気づいたときには歯を削らなければならないほど進んでいることも珍しくありません。こうした状況を防ぐために大切なのが「予防」です。

もちろん日ごろのブラッシングも重要な予防ですが、それだけでは完全には汚れは除去しきれません。定期的に歯医者に通って検診を受け、専門的なクリーニングを行うことで、歯の健康は維持できます。

こが歯科の歯科治療に対する考え方